ぶつけてもいないのに指先が痛むのには「原因」がある!
ぶつけてもいないのに指先が痛むのには「原因」がある!

病院で相談して更年期障害の原因を調べて治療を受けよう

指先に痛み解消するための過ごし方

患者と医師

更年期障害は年をとる以上避けて通れません。しかし、普段からの生活にある程度気をつければ更年期障害の症状を緩和させる、あるいは発症を防ぐことはそう難しくはありません。ここでは、そんな予防のための過ごし方を紹介していきます。

更年期障害を防ぐための生活にする

食生活を見直すだけでなく食べる量を抑えたほうがいいです (医師)

更年期障害のために気をつけるべきことは、栄養バランスもですがやはり食べる量ですね。年をとると人の代謝機能は著しく落ち込み、昔と同じ食事量だとあっという間に脂肪が溜まっていきます。そのため、気をつけていないと肥満になってしまいます。肥満になると更年期障害以上に厄介な症状を引き起こしてしまうので、食事量や感触を控えめにしましょう。また、寝る1時間前の食事もおすすめできません。

自律神経のためにも軽い運動が必要になります (医師)

更年期障害予防のお手軽な手段は、軽い運動です。体を動かすことで神経を鍛えることができ、更年期障害の症状を抑えることができます。また、体の代謝機能も維持できる他ストレス解消効果もあるので更年期障害の予防以外にも様々なメリットがあります。運動と言っても軽いウォーキング程度で効果が期待できるので、無理のない程度に動かしましょう。

睡眠はしっかり取ることが重要です (医師)

睡眠をとるというのはいちばん重要な要素です。人の体でホルモンが分泌されやすい時期というのは睡眠中の時間であり、睡眠時間が少なければ分泌量も必然的にさがります。また、睡眠時間が少ないことでストレスは蓄積しやすくなり、体のホルモンバランスが崩れる原因となるので睡眠不足になるとあっという間に更年期障害が悪化してしまいます。よって、6~7時間以上の睡眠時間はキープしておきましょう。

生活スタイルをすぐに改めるのは相当難しいです。しかし、これは徐々に変えていけば良く、いきなりほとんど変えるのではなく自分に無理のない範囲でゆっくりと改善していきましょう。無理に変えるとかえってストレスを感じやすくなってしまいます。

一人で悩まずに家族に相談してください

自分が更年期障害になったと思ったのであれば、まず家族に相談しましょう。自分の子供には事情を話すことで理解を得ることもできますし、親に相談することで正しい対処方法を学ぶことができます。

夫、家族に打ち明ける

病院に行き、更年期障害だと診断結果が出たのであれば、まずはそれを家族に打ち明けましょう。最初は少しためらうかもしれませんが、勇気を出して話しましょう。そして、更年期障害によってこれからどんな症状が出るのかということを理解してもらい、家族にも協力してもらってください。家族だからと遠慮するのではなく、家族だからこそ助けてくれると考えて頼りましょう。

家族に家事を手伝ってもらう

更年期障害の中には、動くのも億劫になったり、イライラして物事がうまくいかない時があります。そんな時は家族に家事を手伝ってもらいましょう。例えば、お皿洗いや洗濯物の取り込みと言った作業は、家族の手が空いている人なら誰でも行なうことができるため、手伝うことは難しくありません。頼みづらいと思う人もいるかもしれませんが、困っている時は助けを求めましょう。

全てをやってもらうのではなく一緒に協力して家事を行なう

「一緒に協力して家事をやっている」という認識を持つのは大事なことです。家族のみんなが率先して家事をしてくれると、心のどこかで「気を使われている」と思うようになり、疎外感を感じてしまうことが多いです。しかし、それは誤解です。家族は、あなたを助けようとしているだけなのです。そのため、一緒に協力して家事を行なうという気持ちで日々を取り組んでください。

更年期障害の解消には、家族の手伝いが大きな助けとなります。一人で何でも背負い込むことにより、大きなストレスになってしまいます。しかし、家族に手伝ってもらうことでストレスの緩和が可能になり、早期に改善することで結果的に家族の負担も大幅に減るのです。

クリニックで指の痛みを治療しよう

ここまで当サイトを読み、更年期障害の症状を理解したとしても自分で自覚できるかどうかというのはまた別問題です。よって、自分が本当に更年期障害か知りたい場合は病院へ行き、診察を受けましょう。それが最も手っ取り早い解決方法です。

早めに診察を受けることが大切

更年期障害を自覚するのは非常に難しいです。症状を予め知っていても、実際に更年期障害になるのが初めての場合は戸惑ってしまうからです。しかし、「もしかしたら更年期障害かも」と少しでも思った場合は、すぐに病院へいきましょう。単なる思い過ごしならそれで良いですし、更年期障害だったとしても初期段階なので症状の緩和な難しくありません。

クリニックが行なう治療

ここでは、病院で行なう更年期障害の治療方法について紹介していきます。病院では、ホルモンバランスの乱れによる体の様々な症状を的確に治療してくれます。

ホルモン補充療法
ホルモン補充療法(HRT)は、飲み薬などで直接エストロゲンを補充する方法です。更年期障害の原因がエストロゲン不足による自律神経の乱れならば、エストロゲンを補充することで自律神経の乱れを治療することができるという理屈です。HRTを行なうことで更年期障害による様々な症状を緩和できます。保険が適用されるので安価で行なうことができるのも特徴の一つです。
漢方薬
乳がんや子宮がん、血栓症などの治療を行なっている場合はHRTを使用できません。そんな場合は漢方薬を用いて改善していきます。漢方薬は体の内面から改善していく治療方法であり、イライラや吐き気、体の痛みなどを改善し、体を強化していきます。例えるなら、HRTは直接原因を解決する方法で、漢方薬は自分を強化して原因を治療するという方式です。なお、この2つを組み合わせて治療を行なうケースもあります。
カウンセリング
病院に通うメリットは、薬の処方だけではありません。更年期障害の改善方法のカウンセリングを受けることもできます。どういった薬が有効なのか、生活改善するべき場所はどこなのかといったことを相談で改善していきます。また、更年期障害になり不安を感じている場合もカウンセリングは効果を発揮します。何か不安なことがあったらまずは相談をしましょう。

更年期障害を自分の力だけで治すのは非常に難しいです。また、自分だけで治そうと意固地になっても、よほど詳しくなければ自分だけで改善することは難しいです。医師に相談し、的確なアドバイスを貰ったほうが早く改善できるため、結果的にメリットは多くなります。

TOPボタン